スクール生は全員お祈り、独学者は内定を出した時のお話

Created:
Updated:

たくさんのスクール生と1人の独学者を面接をしました。

面接の後、

  • スクール生は全員お祈り
  • 独学者は内定

を出した時のお話をします。

スクール生の面接

スクール生の面接|スクール生は全員お祈り、独学者は内定を出した時のお話

何人ものスクール生を面接すると、下記の特徴がありました。

  • ポートフォリオが存在(Webサイト)
  • Web系が得意(のよう)
  • Slackなどのツールの利用経験がある

職務経歴書は、IT業界は空白です。

しかし、上記の経験があり、完全未経験者と比較するとスキルが高く感じました。

スクールを選んだ理由を聞くと

  • SNSで有名
  • Web広告で見つけた
  • 評判がよかった

という理由が多かったです。

現状のキャリアについて聞くと

  • 今の仕事は将来性がない
  • 手に職をつけたい
  • ITに興味があった

という理由が多かったです。

スクール生のほとんどは、上記の特徴がありました。

よくなかった点としては、ポートフォリオが全員似ており、差別化を見つけるのは困難でした。

  • 有名サイトのコピーサイト
  • オリジナルHP(閲覧のみ)

が大抵でした。

独学者の面接

独学者の面接|スクール生は全員お祈り、独学者は内定を出した時のお話

スクール生を何人か面接した後、独学者を面接しました。

最終的には、この独学者に今回は未経験枠で内定を出しました。

現状のキャリアについて聞くと

  • 今の仕事は将来性がない
  • 手に職をつけたい

これは似たような内容でした。

しかし、その後の行動が異なりました。

  • ITをすでに一部活用
  • ポートフォリオが存在(独自Webシステム)
  • スクール生と比較すると、モダンな知識は少ない
  • 新しいツールの利用経験は少ないが、自分なりに工夫
  • 独学ならではの勉強方法(手当たり次第に調べてた)

IT業界を選んだ理由を聞くと

  • IT業界であこがれの人がいる
  • 将来は経営者になる

という理由で、他にもIT業界に関する、独自の考えについて話してくれました。

一言で言うとかなりの野心家になります。

そして、ポートフォリオが独自のWebシステムだったのです。

Webシステムの内容は、現状の仕事を効率化するためのWebシステムでした。

仕組みやデザインも独学で調べ、開発をしていました。

私「デザインはどのように考えましたか?」

独「CSSを勉強していましたが、Bootstrapの存在を知ったので、それを導入しました」

私「PHPで構築してますね。なぜPHPで選んだのですか?」

独「当時は、解説しているサイトや仕事が多かったためです」

独学者はスクールと違い、カリキュラムがありません。

そのため、自分で考え、自分で作ったシステムを理解し、全て説明してくれました。

判定ポイント

判定ポイント|スクール生は全員お祈り、独学者は内定を出した時のお話

具体的な内容は説明しませんが、上記のような内容となりました。

スクール生:学んだことの説明 独学者:独自システムのこだわりを説明

独学者は、IT業界未経験だがシステム運用者だったのです。

実際にサイトを運用し、PDCAサイクルを回し、日々バージョンアップをしていました。

その時のユーザは、自分自身でしたが、他の人に使ってもらっても十分役に立ちそうなクオリティでした。

デザインやシステムはもちろん完璧ではありません。

しかし、総合的に判断した結果、将来性を感じたため、未経験者に内定を出すことを決定しました。

未経験からの転職で大切なのは?

未経験からの転職で大切なのは?|スクール生は全員お祈り、独学者は内定を出した時のお話

プログラミングスクールがダメというわけではありません。

しかし、スクールのカリキュラムで満足をして、就職活動をしてもうまくいきません。

大切なのは、他人より目立つことです。

仮にスクールを卒業したとしましょう。

クラスメイトが50人いると、全員が同じ経歴となるのです。

その後、全員が同じ会社を受けた場合の差別化は、どこにあるでしょうか。

技術面では、ほぼありません。

+α が必要です。

スクール生で、その付加価値があれば、内定にかなり近づくことができます。

エンジニアは、営業職と違い、点数をつけることができません。

ナンバーワンにならなくていいのです。

オンリーワンになりましょう。

一緒に読みたい本

TOP