未経験からエンジニアになるために必要なお金

未経験からエンジニアになる

未経験からエンジニアになる

未経験からエンジニアになるには

  • 自分でソフトウェアやWebサービスをリリース
  • IT企業にプログラマとして就職
  • フリーランスや起業をする

といった、客観的に判断できる結果が必要となります。また、日々の生活があるため、収入が必要です。そのため、エンジニアとして何かしらの収入があるということが「エンジニアになった」と言えるでしょう。

未経験からエンジニアになるために必要なお金

未経験からエンジニアになるために必要なお金

現在、未経験からエンジニアになるためのサービスが、多数存在しています。今回はその料金を計算してみます。

決して楽・安価ではありません。必ず、現状分析・エンジニアになるために必要な期間を見積もってから挑戦してください。

※大学や専門学校は学生がメインのため今回は対象外としています

パソコンの購入

パソコンの購入

プログラミングをするためには、パソコンが必要です。一般的には、WindowsまたはmacOSを選びます。

個人的に各OSでオススメパソコンは、

Windows|マイクロソフト Surface Laptop

マイクロソフト Surface Laptop 4

マイクロソフト Surface Laptop 4

macOS|Apple MacBook Pro

Apple MacBook Pro

Apple MacBook Pro

です。

将来的なスペックも考慮し、20万円程度は必要です。また、どこでも開発できるようにノートパソコンにしましょう。メンターや勉強会に参加する時に必要となります。面接ではプレゼンに使いましょう。

メモリ
最低限8GB
推 奨16GB
余裕があれば32GB

費用:20万円前後

プログラミングスクール

プログラミングスクール

プログラミングスクールで必要な費用は、200,000円〜800,000円程度となります。また、ローンを利用すると、利子で100万円を超えることもあります。

プログラミングスクールと採用会社は別会社となることがほとんどとなります。そのため、スクールに行ったからといって内定がもらえる保証はありません。努力しましょう。

費用:最高100万円

実務経験を購入できるサービス

実務経験を購入できるサービス

最近は、未経験の内定がかなり厳しい状況となっています。そんな未経験のための、実務経験を積めるサービスが登場しました。輝かしいスキルや経験がない方は使うことになるかもしれません。

実務経験型プログラミングスクール|ギミジョブ

料金は、

月額料金
¥29,800/月 + 税

となっています。3ヶ月間、参加した場合で見積もってみます。

費用:約10万円

毎月の生活に必要なお金

毎月の生活に必要なお金

未経験からエンジニアになる場合、スクールに通ったり、勉強するために時間が必要となります。よって、正社員ではなくアルバイトを選択している方も多数います。そのため、生活に必要なお金も計算することが大切です。

生活に必要なお金は、2パターンで考えられます。

  • 実家暮らし
  • 一人暮らし

今回は、一人暮らしで考えてみます。

項目費用
家賃60,000
食費30,000
光熱費10,000
通信費10,000
奨学金20,000
雑費30,000

※大阪市内を想定

最低でも、上記の金額は必要です。

しかし、未経験からエンジニアになる方は、30歳前後の方もいます。そのため、人の付き合いなども考慮すると、毎月20万円は必要となります。

また、最近の若い人は奨学金を借りている人が多いです。実家や家庭持ちの場合は、家族に協力してもらい、自身が生活に必要なお金を0円にすることも可能です。

今回は、

  • 独学:3ヶ月
  • スクール:3ヶ月
  • 実務経験:3ヶ月
  • 就職活動:1ヶ月

で考えてみます。

費用:20万円 * 10ヶ月 = 200万円

必要なコストは、300万超!?

計算してみた結果

計算してみた結果

上記の費用を計算すると、10ヶ月間では、330万円が必要となります。それだけの資金を用意していると、会社を退職して仕事をせずに、9ヶ月間もの間プログラミングと就職活動に集中することが可能です。

あまりにも高額なので、お金がない場合は、親や家族に協力がないと、勉強時間を確保できないことも多くなります。早く勉強をすることが、内定の確率がアップします。年齢が上がるとともに、内定率は残念ながら下がります。

お金をかけて勉強しても必ず就職できるわけではない

お金をかけて勉強しても必ず就職できるわけではない

しかし、どれだけお金と時間をかけても就職できない人はできません。

全員がラーメン屋を経営しても、一定数は廃業してしまいます。それは、相性が存在しているからです。プログラミングと相性が悪かったり、自身と相性がいい会社に出会わない限り、就職はできません。これは、努力でどうにかなるものではありません。

0円で転職できる人も存在する

0円で転職できる人も存在する

スクールやパソコンを買わずに未経験から転職できてしまう人もいます。そういう人は、技術以外に魅力的なスキルがあるから採用されます。

IT業界の仕事はプログラミングが全てではないため、未経験でも即戦力になる人もいます。まずは、自身がどのような価値が現状あるのか分析をしましょう。もし、まったくないのでしたら、今の職場で成果を出すことをオススメします。その成果を持って、面接に挑むと内定をもらえる可能性が高くなります。

プログラマと違う枠で就職し、並行してプログラミングを勉強することがリスクが低く、最前の方法です。現状のスキルを活かして転職ができないかも考えてください。

ビジネススキルと対人スキルを伸ばそう

ビジネススキルと対人スキルを伸ばそう

また、エンジニアになるためには、プログラミングだけを勉強すればいいと思っている人が多いです。しかし、実際は対人スキルが組織においては重要です。フリーランスでも必要です。対人スキルが不要なのは、一人でサービスを開発して収益をあげている人のみとなります。

技術をどれだけ勉強していても、面接で求められるのは

  • 人間性
  • これまでのキャリア経験
  • マネジメント能力

などを年齢に比例して問われます。意外にも、未経験は技術力を問わない会社が多いです。

質問でも

「何を勉強していますか?」

程度が多いです。業務をするにあたり、勉強中の技術を必ず使うとは限らないからです。しっかりと、対人スキルや、なぜIT業界を目指すのか?を自己分析しましょう。

また、面接練習を業界の人にお願いすることをオススメしています。客観的に対策ができていないと、第一希望の会社にはほぼ落ちてしまいます。

最後に

最後に

しっかりと、見積もりと分析をしましょう。

そうしないと、不要なコストとお金を浪費してしまいます。

駆け出しエンジニアにオススメの本

リーダブルコード ―より良いコードを書くためのシンプルで実践的なテクニック

プログラムはなぜ動くのか 第3版 知っておきたいプログラミングの基礎知識

Webを支える技術 -HTTP、URI、HTML、そしてREST (WEB+DB PRESS plus)

駆け出しエンジニアの記事

スクール生は全員お祈り、独学者は内定を出した時のお話

#プログラミングスクール#IT業界#未経験#独学#就職#転職#内定#面接

たくさんのスクール生と1人の独学者を面接した時、独学者に内定を出したお話をします。

IT業界への就職のために、資格は勉強してはいけない

#駆け出しエンジニア#プログラミング#IT業界#転職#就職

IT業界を目指す時、先に資格を勉強する人がいます。あまりオススメをしないので、その理由を説明します。

未経験から独学(スクール)でエンジニアになれる人となれない人の違い

#駆け出しエンジニア#プログラミングスクール#面接

未経験から独学(スクール含む)でエンジニアを目指す人が多いです。しかし、全員がエンジニアになれるわけではありません。なれる人となれない人の違いを説明します。

新人研修やプログラミングスクールについていけない人の特徴

#新人#駆け出しエンジニア#プログラミングスクール#SES#就職#転職

会社の新入社員向けプログラミング研修やプログラミングスクールでカリキュラムについていけない人が多数存在しています。そのようなエンジニアの特徴を紹介します。

第1回 卒業生から聞いたプログラミングスクールの実態

#プログラミングスクール#IT業界#未経験#就職#転職#実態#駆け出しエンジニア

某プログラミングスクールを卒業した、転職1年目のエンジニアから正直な感想をヒアリングしました。その内容を紹介します。

関連記事

未経験で入社したSES会社での給与明細を2社公開

#SES#駆け出しエンジニア#プログラミング#IT業界#就職#転職#給料

未経験で入社した時の給与明細を公開します。3年間で経験した2社を公開しています。

新人エンジニアの初現場でよくする失敗談をまとめました【プログラミング以外】

#駆け出しエンジニア#新人#新入社員#失敗#SES#リスク

新人エンジニアの初現場で、OJTをしながら教育をしていると様々な失敗をしてくれます。今回は、プログラミング以外でのよくある失敗談をまとめてみました。

新人研修やプログラミングスクールについていけない人の特徴

#新人#駆け出しエンジニア#プログラミングスクール#SES#就職#転職

会社の新入社員向けプログラミング研修やプログラミングスクールでカリキュラムについていけない人が多数存在しています。そのようなエンジニアの特徴を紹介します。

SES会社で未経験から1年間で単価が40万円アップした方法

#SES#駆け出しエンジニア#プログラミング#IT業界#就職#転職

SESで現場にいてるとき、単価を1年間で40万円アップすることに成功した「アクションプラン」を説明します。

【キングダム】咸陽のようにセキュリティが高いSES現場

#SES#IT業界#駆け出しエンジニア#現場#セキュリティ#キングダム

難攻不落の咸陽をご存知ですか?今回はまるで咸陽のようにガッチガチの現場をレベル別で紹介します。

新着記事

SESエンジニアの引き抜き時の魅力的な高条件

#キャリア#転職#SES

SES(客先常駐)をしていると、優秀なエンジニアは引き抜き行為(スカウト)を他社からいただくことがあります。この引き抜き時の条件提示は衝撃的な高待遇が多く、その内容を紹介します。

エンジニアがノイズキャンセリングイヤホンを使うと劇的に世界が変わった

#ガジェット#イヤホン#Apple AirPods Pro

エンジニアには集中する時間が必須で、その時間を維持するには雑音を消す必要があります。そんな時、ノイズキャンセリングイヤホンのApple AirPods Proを手に入れると世界が劇的に変化しました。

Slack API chat.postMessageで改行を利用する方法

#プログラミング#JavaScript#Slack#API

Slack API「chat.postMessage」を利用して、JavaScriptからSlackへ改行入りのメッセージを送信しました。しかし、上手く反映されないので対応方法をまとめました。

企業は面接で意識高い系エンジニアを採用してはいけない

#経営#ビジネス#採用#転職#面接#意識高い系

会社や組織は、意識高い系エンジニアに内定を出すことはしっかりと考えた方がいいでしょう。もし採用すると会社に悪影響を及ぼす可能性があります。その事例を紹介します。

Gatsby.jsでCannot find module '../build/Release/sharp.node'エラーの解決策

#JavaScript#React.js#Gatsby.js#Node.js#npm#Docker#プログラミング

Gatsby.jsで`Cannot find module '../build/Release/sharp.node'`のエラーが発生したので、その対応方法をまとめました。

オススメの記事

SES(客先常駐)で市場価値が下がるエンジニアの特徴

#SES#転職#給料#キャリア##実態

数々のSES企業を見てきましたが、いくつか共通する、市場価値が下がるエンジニアの特徴を紹介します。

未経験からSES(客先常駐)エンジニアに転職して体験した実態と闇

#SES#転職##実態

未経験からSES(客先常駐)に転職をして、エンジニアになった方々から体験した実態と闇をお聞きしました。

求人で「フラットでアットホーム」なIT企業へ入社する時の注意

#経営#組織#駆け出しエンジニア#就職#転職#SES

「フラットでアットホーム」と宣伝している会社が多く存在します。しかし、その表現には、大きな落とし穴があります。

未経験からエンジニアになるために必要なお金

#駆け出しエンジニア#プログラミングスクール#面接

未経験エンジニア向けのビジネスが最近展開されています。一体どれくらいかければエンジニアになれるのか計算しました。

未経験から独学(スクール)でエンジニアになれる人となれない人の違い

#駆け出しエンジニア#プログラミングスクール#面接

未経験から独学(スクール含む)でエンジニアを目指す人が多いです。しかし、全員がエンジニアになれるわけではありません。なれる人となれない人の違いを説明します。

勉強や開発をするための時間を確保する方法

#駆け出しエンジニア#リモートワーク#在宅勤務#ガジェット#時間#勉強

みなさんは普段開発の時間を確保できていますか?駆け出しエンジニアの方でも、日々、時間の確保に苦労していると思います。今回は、社会人で時間の確保をするための方法を紹介します。

リモートワークエンジニアの平日の1日のルーティーン

#ルーティーン#リモートワーク#在宅勤務

コロナ禍による影響で、会社がフルリモートワークとなりました。その優雅なエンジニアのルーティーンを紹介します。

会社のリモートワークで帰属意識が下がる「してはいけない」こと

#リモートワーク#在宅勤務#離職

最近、リモートワークが導入されることが多くなり、日本でも一般的な働き方となりました。しかし、当記事の内容を続けてしまうと、帰属意識が低くなり、離職率をあげてしまう可能性が高いです。