会社のリモートワークで帰属意識が下がる「してはいけない」こと

最近、リモートワークが導入されることが多くなり、日本でも一般的な働き方となりました。しかし、当記事の内容を続けてしまうと、帰属意識が低くなり、離職率をあげてしまう可能性が高いです。

そんな最高の仕事環境と思われるリモートワークでしてはいけないことを紹介します。

会社がしてはいけないこと

オフラインメンバーだけでのコミュニケーションをする

オフラインメンバーだけでのコミュニケーションをする

IT企業では、リモートワークが導入され、家で開発をすることが増えました。しかし、IT企業に所属する会社員はエンジニアだけではありません。

  • 営業
  • 企画
  • 経理
  • 保守
  • カスタマーサポート

などの開発部署以外も存在しています。そのような部署は、やむをえず出社する必要があります。そして、出社する人は、

  • 役職つきの立場が高い人
  • ベテランエンジニア
  • 重要な顧客対応をする人

などの場合が多いです。そのようなメンバーのみが出社をすると、そのメンバーだけでのコミュニケーションの機会が増えます。そして、そのコミュニケーション内容は、オンラインメンバーには共有されることはほとんどありません。

会社組織では、雑談から生まれるアイデアが大きなビジネスを生む場合があります。そのような機会が、オフライン環境でのみ行われる可能性が増えてしまい、そのメンバーだけで決定することもあります。その結果だけ共有されたオンラインメンバーは、その経緯が分からず、不快な気持ちになってしまいます。このようになってしまうと、リモートワーク差別となってしまい、働き方が破綻してしまいます。

必ず、オフラインメンバーだけで重要な内容を決定せず、オンラインメンバーも交えてのディスカッションを行いましょう。帰属意識をオンラインメンバーにも意識させる必要があります。

オンラインとオフラインを混ぜてミーティングをする

オンラインとオフラインを混ぜてミーティングをする

オンラインとオフラインのメンバーが混在してミーティングをすることがあります。しかし、これはしてはいけません。

オンラインとオフラインが混在してしまうと、

  • オフライン側の顔が小さく、表情が読めない
  • オフライン側の人の声が、位置によっては聞こえにくい
  • オフライン側のパソコンを操作する人が一人となり、資料の共有がしにくい
  • オフライン側が対面での会話を優先してしまう
  • オンライン側が会話に参加するタイミングが掴めない

といった状況になってしまいます。便利なオンラインミーティングも不便となります。

これを解決するには、

  • 進行役を用意する
  • 一人一台のパソコンを利用する
  • 全員が平等の発言権があるようにする
  • 議事録を作成(通信が不安定な場合もあるため)

ということが必要です。意外とできていない会社も多いため、気を付ける必要があります。

トップからの情報発信を定期的にしない

トップからの情報発信を定期的にしない

会社というのは、ピラミッド組織がほとんどです。リモートワークになると、トップメンバーからの情報発信が劇的に減少します。

普段、何気ないコミュニケーションやノウハウを対面で教えてもらっていたメンバーはそのような機会を失います。そのようなメンバーは、その上司のカリスマ性や存在に惹かれています。それを失ってしまうと、やる気や帰属意識がなくなってしまいます。

それを防ぐために、オフラインで行っていた取り組みは、なるべくオンラインでも実施する必要があります。

  • 会社の方向性や事業プランの定期的な共有
  • メンバーとの定期的な通話
  • オンラインでの1on1

など、積極的に行う必要があります。

最近は、エンジニアが不足しており、どの会社も採用に苦労しています。同じリモートワークの会社でも、作業をしているだけの会社より、魅力的な取り組みを実施している会社に興味が出てしまいます。ベテランエンジニアであれば、転職も容易であるため、離職されないように注意しましょう。

メンバーの仕事が作業化する

メンバーの仕事が作業化する

リモートワークでは、仕事がただの作業となってしまう場合があります。そのような状況になってしまった場合、マンネリ化してしまい、意識の高いベテランエンジニアは仕事がつまらなくなってしまい、離職する可能性が高いです。

仕事がマンネリ化しないよう、エンジニアの仕事内容は刺激的なものになるようにする必要があります。そのエンジニアの能力を100とすると、120くらいの難易度の仕事を用意する必要があります。それくらいの難易度であれば、刺激的な仕事となり、成長も実感しするため作業化はしません。

エンジニアは、クリエイティブになる必要があり、考えを放棄したエンジニアはエンジニアではありません。ただの作業者となってしまいます。上司やリーダーは、エンジニアメンバーの能力を理解し、どういうタスクを振ればいいかを考える必要があります。能力を把握するには、普段からのコミュニケーションやスキルシート、将来のキャリアプランをヒアリングし、それを叶えることのできる案件を用意する必要があります。

雑談をしやすい空気を作らない

雑談をしやすい空気を作らない

リモートワークをするとコミュニケーションのメインはチャット(TeamsやSlackなど)になります。

チャットは手軽で証拠が残るため、非常に便利なサービスとなりますが、雑談となると遠慮しがちになります。どんな雑談内容も証拠が残るので、従業員はくだらない話をしてはいけないと感じ、業務に関する話題以外無くなります。

業務に関する話以外のコミュニケーションがなくなってしまうと、

  • ストレスがたまる
  • アイデアが広がらない
  • メンバーの状況が分からない
  • 情報共有や問題点が共有できない

チャットサービスに流れるメッセージが、GitHubなどの連携サービスのみとなってしまったらもう末期です。気づけば従業員が退職していくでしょう。

そうならないためには、トップや上司・リーダーからコミュニケーションをしやすい空気感をチャットにて作る必要があります。新人や後輩は、一般的には真面目であり、そういう使い方をしてはいけないと思っています。必ず、上の人がしょうもない話をふっていきましょう。

ネタ作りが苦手な場合、話題作りのツールを導入しましょう。

Colla(Slack App)

Slack用のアプリケーションでCollaというサービスがあります。

Colla | Slack App ディレクトリ

Colla

Colla | Slack App ディレクトリ

当サービスについては、公式サイトから説明文を引用しました。

「Colla(コラ)」はチームのメンバーがお互いをもっとよく知るのをサポートするアプリです。 毎日bot(Collaさん)がメンバーにインタビューをし、指定したチャンネルでメンバー紹介をしてくれます。 メンバーの意外な一面がわかったり、雑談のきっかけになることで、テレワーク中でもチーム文化を醸成できます。 インタビュー回答はすべてストックされていつでも確認できるので、継続して回答するとメンバーのプロフィールとしても利用できます。

【「Colla(コラ)」でできること】

  • Slack Botが社員みんなにインタビューをしてくれる
  • 毎日Slack内でBotが社員紹介を発表してくれる
  • 新しいメンバーが加わったときは、botが社員インタビューをしてslack内で紹介してくれる

【こんな会社・チームにオススメ】 テレワーク・リモートワークが導入されて、

  • 社内のコミュニケーションが減った(減った気がしてさみしい)
  • 社内で他のメンバーの様子がわかりにくくなった
  • リモート下で新メンバーのオンボーディングが心配
  • 社内のメンバーのことをもっと知りたい

という会社・チームにオススメです。

出典:Colla | Slack App ディレクトリhttps://slack.com/apps/A012X57B3N1-colla

このようなアプリやツールを導入し、社内を活性化させましょう。

リモートワークは便利だが気を付けないといけない

リモートワークは便利だが気を付けないといけない

リモートワークはとても便利となりますが、働き方を間違えると、大量の離職へとつながる可能性があります。日々の業務内容をリモートワークにするだけではいけません。リモートワークになったら、リモートワーク用のタスクを増やす必要があります。リモートワークで成功している会社の事例を参考に、自社にマッチする運用を行う必要があります。

リモートワークに関するオススメの本

リモートチームでうまくいく

「納品」をなくせばうまくいく

同著者のこちらの本もオススメです。

アジャイル開発を実施している会社や今後導入しようと考えている会社は必読の本です。

リモートワークにオススメの本

リモートチームでうまくいく

リモートワーク大全

ひきこもり×在宅×IT=可能性無限大! 株式会社ウチらめっちゃ細かいんで

関連記事

リモートワークエンジニアの平日の1日のルーティーン

#ルーティーン#リモートワーク#在宅勤務

コロナ禍による影響で、会社がフルリモートワークとなりました。その優雅なエンジニアのルーティーンを紹介します。

【レビュー】MPM-4000U Marantz Professional USBコンデンサーマイク

#ガジェット#リモートワーク

【レビュー】Marantz Professional USBコンデンサーマイク MPM-4000U を購入したので使ってみました。

リモートワークで雑談などのコミュニケーションが減少した時の対策

#リモートワーク#在宅勤務#コミュニケーション

IT企業では、リモートワーク(在宅勤務)が一般的となり1年ほどが経過しました。導入後、メリットも多いのですが、デメリットもあります。今回は、リモートワークによる、雑談などのコミュニケーション減少時の解決策を紹介します。

勉強や開発をするための時間を確保する方法

#駆け出しエンジニア#リモートワーク#在宅勤務#ガジェット#時間#勉強

みなさんは普段開発の時間を確保できていますか?駆け出しエンジニアの方でも、日々、時間の確保に苦労していると思います。今回は、社会人で時間の確保をするための方法を紹介します。

MacBookProはメモリ16GBではなく32GBを買うべき

#Apple#MacBookPro#ガジェット#リモートワーク

昨年、CPUがApple M1になる前の最新モデルのMacBookProを買いました。メモリを悩んだ結果、32GBを選びました。Web制作で利用した感想を紹介します。

新着記事

SESエンジニアの引き抜き時の魅力的な高条件

#キャリア#転職#SES

SES(客先常駐)をしていると、優秀なエンジニアは引き抜き行為(スカウト)を他社からいただくことがあります。この引き抜き時の条件提示は衝撃的な高待遇が多く、その内容を紹介します。

エンジニアがノイズキャンセリングイヤホンを使うと劇的に世界が変わった

#ガジェット#イヤホン#Apple AirPods Pro

エンジニアには集中する時間が必須で、その時間を維持するには雑音を消す必要があります。そんな時、ノイズキャンセリングイヤホンのApple AirPods Proを手に入れると世界が劇的に変化しました。

Slack API chat.postMessageで改行を利用する方法

#プログラミング#JavaScript#Slack#API

Slack API「chat.postMessage」を利用して、JavaScriptからSlackへ改行入りのメッセージを送信しました。しかし、上手く反映されないので対応方法をまとめました。

企業は面接で意識高い系エンジニアを採用してはいけない

#経営#ビジネス#採用#転職#面接#意識高い系

会社や組織は、意識高い系エンジニアに内定を出すことはしっかりと考えた方がいいでしょう。もし採用すると会社に悪影響を及ぼす可能性があります。その事例を紹介します。

Gatsby.jsでCannot find module '../build/Release/sharp.node'エラーの解決策

#JavaScript#React.js#Gatsby.js#Node.js#npm#Docker#プログラミング

Gatsby.jsで`Cannot find module '../build/Release/sharp.node'`のエラーが発生したので、その対応方法をまとめました。

オススメの記事

SES(客先常駐)で市場価値が下がるエンジニアの特徴

#SES#転職#給料#キャリア##実態

数々のSES企業を見てきましたが、いくつか共通する、市場価値が下がるエンジニアの特徴を紹介します。

未経験からSES(客先常駐)エンジニアに転職して体験した実態と闇

#SES#転職##実態

未経験からSES(客先常駐)に転職をして、エンジニアになった方々から体験した実態と闇をお聞きしました。

求人で「フラットでアットホーム」なIT企業へ入社する時の注意

#経営#組織#駆け出しエンジニア#就職#転職#SES

「フラットでアットホーム」と宣伝している会社が多く存在します。しかし、その表現には、大きな落とし穴があります。

未経験からエンジニアになるために必要なお金

#駆け出しエンジニア#プログラミングスクール#面接

未経験エンジニア向けのビジネスが最近展開されています。一体どれくらいかければエンジニアになれるのか計算しました。

未経験から独学(スクール)でエンジニアになれる人となれない人の違い

#駆け出しエンジニア#プログラミングスクール#面接

未経験から独学(スクール含む)でエンジニアを目指す人が多いです。しかし、全員がエンジニアになれるわけではありません。なれる人となれない人の違いを説明します。

勉強や開発をするための時間を確保する方法

#駆け出しエンジニア#リモートワーク#在宅勤務#ガジェット#時間#勉強

みなさんは普段開発の時間を確保できていますか?駆け出しエンジニアの方でも、日々、時間の確保に苦労していると思います。今回は、社会人で時間の確保をするための方法を紹介します。

リモートワークエンジニアの平日の1日のルーティーン

#ルーティーン#リモートワーク#在宅勤務

コロナ禍による影響で、会社がフルリモートワークとなりました。その優雅なエンジニアのルーティーンを紹介します。

会社のリモートワークで帰属意識が下がる「してはいけない」こと

#リモートワーク#在宅勤務#離職

最近、リモートワークが導入されることが多くなり、日本でも一般的な働き方となりました。しかし、当記事の内容を続けてしまうと、帰属意識が低くなり、離職率をあげてしまう可能性が高いです。