リモートワークで雑談などのコミュニケーションが減少した時の対策

IT企業では、リモートワーク(在宅勤務)が一般的となり1年ほどが経過しました。導入後、メリットも多いのですが、デメリットもあります。

今回は、リモートワークによる、雑談などのコミュニケーション減少時の解決策を紹介します。

リモートワークでもコミュニケーションができる方法

チームで朝礼、昼礼、終礼を導入する

チームで朝礼、昼礼、終礼を導入する

毎日、メンバーと朝礼、昼礼、終礼を実施しましょう。

09:00〜18:00が勤務時間であれば、

  • 朝礼:09:05
  • 昼礼:13:05
  • 終礼:17:30

というような感じで、日々、電話やビデオ通話でコミュニケーションを必ずしてください。

人は見えないところで悩んでいると、一人で抱え込む時間が増えてしまいます。その時にはストレスも溜まります。何事も蓄積のため、プラスにならないことはすぐに解決するようにしましょう。放置していると、見えないところで求人サイトを閲覧しているかもしれません。

人は、オフィス内では会話以外の非言語メッセージを発信しています。

  • 調子がよさそう
  • 機嫌がいい
  • 困ってる

など、人目でわかるような情報を発信しています。しかし、オンラインではメンバーの状態は、文字でしか情報が伝わりません

解決策として、1日のうち、決まった時間にコミュニケーションする機会を設けることで、早期に問題解決やストレス解消などにつなげることが可能です。これくらいの感覚でコミュニケーションをしておけば、大きなトラブルになることもほとんどありません。期日直前で問題が発覚し、プロジェクトが遅延となることもあります。それは必ず回避すべきです。

チームメンバーとは、必ず密なコミュニケーションをしましょう。あまりにもコミュニケーションを放棄していると、緊張感もなくなり、日々の業務に飽きてしまいます。定期的な刺激は、エンジニアの成長には必要です。

雑談チャンネルを活用する

雑談チャンネルを活用する

グループチャットツールを使いこなせていない

「リモートワークでコミュニケーションが減少してしまった」という会社やチームは、グループチャットツールをうまく使いこなせていません

普段から、チャットツールを使いこなしているところは、コミュニケーションの減少はほとんどしておらず、今までと同様のレベルでコミュニケーションができています。

受託開発や自社サービスの会社で特に大切なのは、雑談チャンネル(グループ / ルーム)です。サービスによって、名前が変わるのですが、Slackではチャットするグループを、チャンネルと言います。今回は、Slackで例えていきます。

Slackの「#random」を使いこなせ

Slackには#randomという雑談用のチャンネルが標準で用意されています。色んな会社やチームを見てきましたが、この「#randomチャンネル」を使いこなせていない会社が多いです。減少したという会社に限り、このチャンネルが日々閑散としていたりします。このチャンネルを盛り上げることが、コミュニケーション増加に必須となります。

先輩や上司からしょうもない話題を振れ

いきなり

「今日から#randomチャンネルで雑談しまくってください」

というルールにしても、なかなかしてくれません。

若手や新人は、リモートワークのため、先輩や上司のことが分かりません。フランクな人なのか、厳しい怖い人なのか、対面でコミュニケーションをしないと人間性が分からないからです。

必ず、先輩や上司からしょうもない話題を振りましょう

  • 今日のランチ
  • 日々見ているYouTubeやNetflix
  • ペットの写真

など、人間性がわかるような話題を最初は振ってください。そこから、共通の話題や趣味を見つけてください。いきなり最初からビジネスなどの固い話はしないでください。人間性を理解し、信頼関係が構築できてからディスカッションをしましょう。

これは、会社の人間関係だけでなく、恋愛やお客さんにおいても、信頼関係ができてから恋愛やビジネスが進んでいきます。関係が構築ができていないのに、物事を進ませることはかなり厳しいです。友達関係にはならなくていいですが、若手や新人から会社を信用・信頼してもらうため、フランクな話題をたくさんしましょう。意外と、しょうもないネタから、とんでもないアイデアが生まれ、ビジネスとなる可能性もあります。

アイデアというのは、複数人でコミュニケーションすることで洗礼されます。必ず「#randomチャンネル」を使いこなしましょう。

定期的に1on1またはグループでビデオ通話をする

定期的に1on1またはグループでビデオ通話をする

「あの人の顔を最近見ていないなー」

という考えが出てきたら要注意です。きっと今頃は転職活動しているでしょう。リモート面接によって、おそらく内定一歩手前くらいです。

それを防ぐために、リモートワークを導入している会社は、定期的にメンバーとオンラインでコミュニケーションをする必要があります。

  • 1on1
  • グループでの会話

今まで普通にしていたことです。しかし、リモートワークになってからは、このようなタイミングというのが難しいです。なぜなら、相手の顔が見えないので、様子が分からないからです。

そのため、コミュニケーションする場は、曜日や日時などで予定を決めてしまってアナウンスしてください。いきなりリモートワークに切り替えた会社は、このようなことができておらず、コミュニケーションの機会が失われています。Googleカレンダーなどに入れてしまいましょう。やるしかない状況を作ることで、コミュニケーションをすることができます。

オンラインだからこそ、普段できない話をすることもあります。親身になってコミュニケーションをすると、新たな発見があるかもしれません。

雑談を大切にしない会社は時代とともに廃れていく

雑談を大切にしない会社は時代とともに廃れていく

会社や組織、チームではコミュニケーションをする場を必ず設ける必要があります。雑談を大切にしない会社は廃れていきます

会社ではただ業務をすればいい、という時代は終わりました。特にIT業界は、日々進化の激しい業界です。上下関係は大切なのですが、新しいイノベーションやアイデアは、年齢関係せず閃きます。そういった場でもある、雑談する場所を大切にしましょう。

コミュニケーションを大切にせず、素晴らしい技術やアイデアを持っているエンジニアが「この会社ではできなさそうだな」と感じてしまうと、転職してしまいます。その後に、能力を発揮してしまう場合もあります。また、雑談ではエンジニアの未知の能力に気付く場合があります。今取り組んでいる技術、興味のある分野、業務で活用していないノウハウなど、日々の業務だけでは分からないことが発見できます。意外と、適切な能力を適切な場所で活躍させていない会社が多いです。

そのようなエンジニアは貴重な存在で、替えの効かない人材であることがほとんどです。上司や管理職は、適切に能力を把握し、全体的に最適化する必要があります。不得意な分野で仕事をしていては、モチベーションも下がり、会社のためにもなりません。

会社や上司のことを好きなエンジニアは、リモートワークであっても、オンライン飲み会などに誘ってきます。そのようなアクションがない場合、信頼関係が構築できてない可能性があります。そのような関係は、一朝一夕ではできないので、日々のコミュニケーションを大切にする必要があります。

リモートワークにオススメの本