企業は面接で意識高い系エンジニアを採用してはいけない

会社や組織は、意識高い系エンジニアに内定を出すことはしっかりと考えた方がいいでしょう。もし採用すると会社に悪影響を及ぼす可能性があります。その事例を紹介します。

未経験の意識高い系を採用した会社の末路

未経験の意識高い系を採用した会社の末路

自己投資をしてプログラミングスクールに通ってた人を採用

とある求人媒体を利用して、中途採用枠で未経験のプログラミングスクール卒のエンジニアを採用しました。この新人は、日頃から独学の努力も惜しまず、朝から晩までスキルアップをする優秀な社員でした。仕事も未経験ですが、常に一生懸命で、先輩から教えてくれる内容はしっかりと修得し、だんだんと一人で仕事もこなせるようになってきました。

新人未経験は最初は投資期間

経営側からすると、未経験エンジニアはしばらくは投資期間となります。SES(客先常駐)の場合でも、単価は安くなります。そのため、一般的には単価の高い先輩とセットでOJTで案件に参画していきます。

  • 採用コスト
  • 新人研修
  • 上司や先輩の時間
  • 保険や設備(パソコン)などのコスト
  • 福利厚生

など、新人が稼いでくれる金額以上の支出がしばらくは続きます。

会社側は、将来的に中堅クラスとなって、事業を支えてくれるメンバーとなる信じて、教育コストを惜しまなく支出してくれます。会社のビジネスモデルによりますが、回収に必要な期間は3〜5年程度となります。5年目くらいになると、中堅としてPMやPLを担当しチームを支えてくれるエンジニアになってくれます。

しかし、新卒ではなく、中途採用の意識高い系エンジニアの場合は、このようなプランが叶わない可能性が高いです。

キャリアアップのために転職

意識高い系新人エンジニアにプロジェクトを経験させ、次の仕事やポジションを担当させようとする時期にくると、残念ながら退職をしていきます。

理由を聞くと、

「次のキャリアアップのために転職します。」

という理由が多いです。

良くも悪くも意識高い系エンジニアは、組織外の情報収集に力を入れています。

  • 自己啓発本
  • セミナー
  • SNS
  • YouTubeなどの動画

など、自分より上の存在のキャリアについて分析をします。そして、そのキャリアに近づくため、会社を踏み台として考えているエンジニアが多いです。意識高い系エンジニアは、3年以上在籍してくれる方はなかなかいません。大抵、次のステップのため転職をしてしまいます。

会社経営の目線でみた場合、優秀な社員は長期で在籍して欲しいと考えています。しかし、その願いは届かず、次のステップへ羽ばたいて行ってしまいます。最終的には、フリーランスや起業を目指す人も多いです。最終的には、好きなことややりたいことを実現するための踏み台となってしまっています。

そのため、面接では長期で在籍してくれるかどうかを見極める能力が必要となります。

夢を語る意識高い系エンジニアを採用した会社の末路

夢を語る意識高い系エンジニアを採用した会社の末路

コミュニケーション能力が高く、組織の人気者

意識高い系エンジニアは、コミュニケーション能力が高い人が多いです。雑談力が非常に長けており、引き出しのネタも多く、周りを楽しませたりモチベーションを上げてくれます。このような社員は貴重な存在で、本人の仕事力だけでなく、周りの能力も向上させてくれるのです。また、カリスマ性も高く、若手からは尊敬されることになります。

その能力を組織内でずっと活用してくれるのであればいいのですが、独立という夢を持っている場合は気をつける必要があります。なぜなら、その人の周りのメンバーが、会社ではなくその人の魅力で会社に在籍している可能性があるからです。

独立するために退職後、他の社員が着いて行った

カリスマ性のある社員が、起業するために独立した場合は注意が必要です。他の優秀な社員もみんな退職し、着いて行ってしまうことがあるからです。

こうなった場合、退職していく社員を止めることは厳しいです。それを防ぐためには、会社側がカリスマエンジニアに負けないビジネスモデルやカリスマ性を所持しておく必要があります。経営者のカリスマ性が、社員のカリスマ性に負けていてはいけません。日常的に、たくさんの社員とのコミュニケーションをする必要があります。経営陣は、社員に会社に所属する存在意義を明確にしてあげましょう。

意識高い系が集まりすぎても組織は成り立たない

意識高い系が集まりすぎても組織は成り立たない

パレートの法則でチームビルディングをするべき

組織を構成する場合、10割のエンジニアを意識高い系にすると、ほとんど機能しません。退職をしないにしても、くせが強い人が多く、上手くまとまらない可能性が高いからです。

パレートの法則を上手く使い、2割の人材が8割の成果を生み出す仕組みを開発し、8割の人材にそのマニュアルを実行してもらうことが必要です。

パレートの法則は、働きアリの法則と同じ意味合いで使用されることが多く、組織全体の2割程の要人が大部分の利益をもたらしており、そしてその2割の要人が間引かれると、残り8割の中の2割がまた大部分の利益をもたらすようになるというものである。経済以外にも自然現象や社会現象など、さまざまな事例に当てはめられることが多い。ただし、事例の多くは、法則と言うよりも経験則の類である。

出典:パレートの法則 - Wikipediahttps://ja.wikipedia.org/wiki/パレートの法則

意識高い系エンジニアばっかり集まってしまうと、仕組みを作ることに全員が興味を持ってしまい、マニュアル通りには動いてくれません。そのため、メンバー構成は非常に重要です。

意識高い系は勤勉で、会社にとって非常に大きな成果を生み出してくれますが、時と場合によっては会社の毒にもなります。必ず人間性を面接で見極めることが大切です。退職していかない意識高いエンジニアに、重要な役割を任せる必要があります。

ビジネスにオススメの本

オードリー・タン デジタルとAIの未来を語る

妄想する頭 思考する手 想像を超えるアイデアのつくり方

起業の天才!: 江副浩正 8兆円企業リクルートをつくった男

ビジネスの記事

Webサイトとスマホアプリのどちらで開発するか

#設計#Web#スマホアプリ#開発

サービスを開発する時「スマホとWebどちらがいいですか?」とよく聞かれます。私なりの考えを説明します。

経営目線から考える、SESのデメリット

#SES#IT業界#ビジネス#経営

エンジニア目線ではなく、今回は経営目線でのSESのデメリットついてお話をします。これを知ると、従業員ではなく社長の考えもできるようになるはずです。

日々のアナログ業務を自動化することで時間と予算を確保する

#経営#ビジネス

「新商品を開発する予算と時間がない」という言葉をお客様からよく聞きます。日々の現場のアナログ業務を見直し、自動化して時間と予算を確保し、クリエイティブな仕事をしましょう。

経営目線から考える、SESのメリット

#SES#IT業界#ビジネス#経営

エンジニア目線ではなく、今回は経営目線でのSESのメリットついてお話をします。これを知ると、従業員ではなく社長の考えもできるようになるはずです。

IT企業で売上が1社に依存している会社は高リスクで超ヤバイ

#ビジネス#リスク#受託#SES

IT企業で、売上のほとんどが1社に依存している会社が存在します。その状態が引き起こす可能性のあるリスクについて解説します。

関連記事

プログラミングスクールや大学や専門学校、職業訓練校の違いを比較

#駆け出しエンジニア#プログラミングスクール#就活#転職

最近、プログラミングに力を入れている広告・宣伝・サービスが増加しています。そのため、プログラミングを学ぶ場所が増えてきました。内容や費用を比較していきます。

未経験からエンジニアになるために必要なお金

#駆け出しエンジニア#プログラミングスクール#面接

未経験エンジニア向けのビジネスが最近展開されています。一体どれくらいかければエンジニアになれるのか計算しました。

未経験者向けSES会社の面接内容

#SES#駆け出しエンジニア#プログラミング#IT業界#就職#転職#面接

未経験者向けの面接内容は用意されています。この記事を読めば内定に近づくことは間違いありません。

SES会社で未経験から1年間で単価が40万円アップした方法

#SES#駆け出しエンジニア#プログラミング#IT業界#就職#転職

SESで現場にいてるとき、単価を1年間で40万円アップすることに成功した「アクションプラン」を説明します。

SES会社の闇を体験した新卒未経験の話

#SES#駆け出しエンジニア#IT業界#就職#転職##体験

未経験の新卒でSES会社へ入社したとき、イメージしていたIT業界とはかけ離れた闇を体験しました。その実態を説明します。

新着記事

SESエンジニアの引き抜き時の魅力的な高条件

#キャリア#転職#SES

SES(客先常駐)をしていると、優秀なエンジニアは引き抜き行為(スカウト)を他社からいただくことがあります。この引き抜き時の条件提示は衝撃的な高待遇が多く、その内容を紹介します。

エンジニアがノイズキャンセリングイヤホンを使うと劇的に世界が変わった

#ガジェット#イヤホン#Apple AirPods Pro

エンジニアには集中する時間が必須で、その時間を維持するには雑音を消す必要があります。そんな時、ノイズキャンセリングイヤホンのApple AirPods Proを手に入れると世界が劇的に変化しました。

Slack API chat.postMessageで改行を利用する方法

#プログラミング#JavaScript#Slack#API

Slack API「chat.postMessage」を利用して、JavaScriptからSlackへ改行入りのメッセージを送信しました。しかし、上手く反映されないので対応方法をまとめました。

企業は面接で意識高い系エンジニアを採用してはいけない

#経営#ビジネス#採用#転職#面接#意識高い系

会社や組織は、意識高い系エンジニアに内定を出すことはしっかりと考えた方がいいでしょう。もし採用すると会社に悪影響を及ぼす可能性があります。その事例を紹介します。

Gatsby.jsでCannot find module '../build/Release/sharp.node'エラーの解決策

#JavaScript#React.js#Gatsby.js#Node.js#npm#Docker#プログラミング

Gatsby.jsで`Cannot find module '../build/Release/sharp.node'`のエラーが発生したので、その対応方法をまとめました。

オススメの記事

SES(客先常駐)で市場価値が下がるエンジニアの特徴

#SES#転職#給料#キャリア##実態

数々のSES企業を見てきましたが、いくつか共通する、市場価値が下がるエンジニアの特徴を紹介します。

未経験からSES(客先常駐)エンジニアに転職して体験した実態と闇

#SES#転職##実態

未経験からSES(客先常駐)に転職をして、エンジニアになった方々から体験した実態と闇をお聞きしました。

求人で「フラットでアットホーム」なIT企業へ入社する時の注意

#経営#組織#駆け出しエンジニア#就職#転職#SES

「フラットでアットホーム」と宣伝している会社が多く存在します。しかし、その表現には、大きな落とし穴があります。

未経験からエンジニアになるために必要なお金

#駆け出しエンジニア#プログラミングスクール#面接

未経験エンジニア向けのビジネスが最近展開されています。一体どれくらいかければエンジニアになれるのか計算しました。

未経験から独学(スクール)でエンジニアになれる人となれない人の違い

#駆け出しエンジニア#プログラミングスクール#面接

未経験から独学(スクール含む)でエンジニアを目指す人が多いです。しかし、全員がエンジニアになれるわけではありません。なれる人となれない人の違いを説明します。

勉強や開発をするための時間を確保する方法

#駆け出しエンジニア#リモートワーク#在宅勤務#ガジェット#時間#勉強

みなさんは普段開発の時間を確保できていますか?駆け出しエンジニアの方でも、日々、時間の確保に苦労していると思います。今回は、社会人で時間の確保をするための方法を紹介します。

リモートワークエンジニアの平日の1日のルーティーン

#ルーティーン#リモートワーク#在宅勤務

コロナ禍による影響で、会社がフルリモートワークとなりました。その優雅なエンジニアのルーティーンを紹介します。

会社のリモートワークで帰属意識が下がる「してはいけない」こと

#リモートワーク#在宅勤務#離職

最近、リモートワークが導入されることが多くなり、日本でも一般的な働き方となりました。しかし、当記事の内容を続けてしまうと、帰属意識が低くなり、離職率をあげてしまう可能性が高いです。