エンジニアがノイズキャンセリングイヤホンを使うと劇的に世界が変わった

エンジニアには集中する時間が必須で、その時間を維持するには雑音を消す必要があります。そんな時、ノイズキャンセリングイヤホンのApple AirPods Proを手に入れると世界が劇的に変化しました。

ノイズキャンセリングイヤホンのApple AirPods Proが世界を変えた

ノイズキャンセリングはプログラミングに集中できる

ノイズキャンセリングはプログラミングに集中できる

プログラミングは集中が必要です。要件をまとめている時、全体のアーキテクチャや設計を思案している時、めっちゃいい感じのアルゴリズム・ロジックを考えている時など、頭のCPUをフル回転する時があります。

しかし、会社の中では電話が鳴ったり、他のメンバーが会話していたりと、聞こえてくる内容が気になってしまうと集中力が途切れてしまいます。普通のカナル型イヤホンやインナー型イヤホンを使っていても、多少の声が聞こえてしまいます。音量を上げすぎると耳に非常に悪いです。

そんな中、ノイズキャンセリングイヤホンであるApple AirPods Proを使うと、静寂な環境を手に入れることが可能です。周りの雑音がほとんど消え、集中する環境が完成します。よって、プログラミングをする時には、ノイズキャンセリングイヤホンはオススメです。

オフィスだけでなく、カフェなど自然音が賑やかな場所でも非常に便利です。単価が安いカフェは雑音の音量が非常に大きいのですが、コスパがいいので利用する時もあります。そういう時にも、ノイズキャンセリングイヤホンは沈黙の世界を生み出してくれます。

ノイズキャンセリングはコミュニケーションに集中できる

ノイズキャンセリングはコミュニケーションに集中できる

ノイズキャンセリングイヤホンは、音楽を聞くだけではありません。オンラインでコミュニケーションをする時にも活用できます。

最近は、リモートワーク(在宅勤務)をすることが非常に多くなりました。家庭では、家族が居ている場合もあり、テレビの音や会話音、生活音などたくさんの音が存在しています。そんな家の中でも、ノイズキャンセリングイヤホンは、快適な環境を整えてくれるのです。

また、自身がうるさい環境でコミュニケーションする時でも「あ、周りがうるさいので聞こえませんでした」ということがなくなります。小さな声まで聞き取ることができるので、聞き逃すこともないでしょう。

ノイズキャンセリングイヤホンは、コミュニケーションでも必要なツールと言えるでしょう。

ノイズキャンセリングは読書に集中できる

ノイズキャンセリングは読書に集中できる

ノイズキャンセリングイヤホンは、本を読む時にも活用できます。

「本を読む時に音楽があると集中ができない」という声もあります。確かに、ボーカルがあると集中ができなくなります。しかし、ノイズキャンセリングイヤホンは、音楽を聞かない時にでも利用することができます。それは、無音の環境で読書に集中することができるのです。それはまるで、誰も居ない貸し切り状態の図書館のようです。

無音環境での読書は、かなり集中することができます。そのため、頭の中に残る情報量が全然違います。よって、ノイズキャンセリングイヤホンの、ノイズキャンセリング機能だけ利用して、静寂な環境を手に入れることは読書にオススメです。

無音の世界で得られるUXの価値が、自身を高く成長する

無音の世界で得られるUXの価値が、自身を高く成長する

無音の世界での作業は、集中力と吸収量が、雑音がある世界とでは質が全く異なります。インプットとアウトプットにかなりの差があります。ノイズキャンセリングイヤホンは安価ではないですが、コストパフォーマンスは非常に高いと感じました。

能力の高いエンジニアになりたい人は、無音の世界で成長をしてください。また、音質によけいな加工をしない「Apple AirPods Pro」はピュアな音を表現してくれます。最近は、Apple Musicでは、ロスレス空間オーディオなども対応したので買う価値があります。Apple製品でのイヤホンの使いやすさというUXも、他のメーカーでは得ることができません。センサーも内臓されているので、VRなどでも利用することができます。

Apple製品を利用しているユーザには、マストバイアイテムです。

オススメアイテム

Apple AirPods Pro

Happy Hacking Keyboard Professional HYBRID Type-S

Gtracing ゲーミングチェア オットマン GT901BLACK

新着記事

SESエンジニアの引き抜き時の魅力的な高条件

#キャリア#転職#SES

SES(客先常駐)をしていると、優秀なエンジニアは引き抜き行為(スカウト)を他社からいただくことがあります。この引き抜き時の条件提示は衝撃的な高待遇が多く、その内容を紹介します。

エンジニアがノイズキャンセリングイヤホンを使うと劇的に世界が変わった

#ガジェット#イヤホン#Apple AirPods Pro

エンジニアには集中する時間が必須で、その時間を維持するには雑音を消す必要があります。そんな時、ノイズキャンセリングイヤホンのApple AirPods Proを手に入れると世界が劇的に変化しました。

Slack API chat.postMessageで改行を利用する方法

#プログラミング#JavaScript#Slack#API

Slack API「chat.postMessage」を利用して、JavaScriptからSlackへ改行入りのメッセージを送信しました。しかし、上手く反映されないので対応方法をまとめました。

企業は面接で意識高い系エンジニアを採用してはいけない

#経営#ビジネス#採用#転職#面接#意識高い系

会社や組織は、意識高い系エンジニアに内定を出すことはしっかりと考えた方がいいでしょう。もし採用すると会社に悪影響を及ぼす可能性があります。その事例を紹介します。

Gatsby.jsでCannot find module '../build/Release/sharp.node'エラーの解決策

#JavaScript#React.js#Gatsby.js#Node.js#npm#Docker#プログラミング

Gatsby.jsで`Cannot find module '../build/Release/sharp.node'`のエラーが発生したので、その対応方法をまとめました。

オススメの記事

SES(客先常駐)で市場価値が下がるエンジニアの特徴

#SES#転職#給料#キャリア##実態

数々のSES企業を見てきましたが、いくつか共通する、市場価値が下がるエンジニアの特徴を紹介します。

未経験からSES(客先常駐)エンジニアに転職して体験した実態と闇

#SES#転職##実態

未経験からSES(客先常駐)に転職をして、エンジニアになった方々から体験した実態と闇をお聞きしました。

求人で「フラットでアットホーム」なIT企業へ入社する時の注意

#経営#組織#駆け出しエンジニア#就職#転職#SES

「フラットでアットホーム」と宣伝している会社が多く存在します。しかし、その表現には、大きな落とし穴があります。

未経験からエンジニアになるために必要なお金

#駆け出しエンジニア#プログラミングスクール#面接

未経験エンジニア向けのビジネスが最近展開されています。一体どれくらいかければエンジニアになれるのか計算しました。

未経験から独学(スクール)でエンジニアになれる人となれない人の違い

#駆け出しエンジニア#プログラミングスクール#面接

未経験から独学(スクール含む)でエンジニアを目指す人が多いです。しかし、全員がエンジニアになれるわけではありません。なれる人となれない人の違いを説明します。

勉強や開発をするための時間を確保する方法

#駆け出しエンジニア#リモートワーク#在宅勤務#ガジェット#時間#勉強

みなさんは普段開発の時間を確保できていますか?駆け出しエンジニアの方でも、日々、時間の確保に苦労していると思います。今回は、社会人で時間の確保をするための方法を紹介します。

リモートワークエンジニアの平日の1日のルーティーン

#ルーティーン#リモートワーク#在宅勤務

コロナ禍による影響で、会社がフルリモートワークとなりました。その優雅なエンジニアのルーティーンを紹介します。

会社のリモートワークで帰属意識が下がる「してはいけない」こと

#リモートワーク#在宅勤務#離職

最近、リモートワークが導入されることが多くなり、日本でも一般的な働き方となりました。しかし、当記事の内容を続けてしまうと、帰属意識が低くなり、離職率をあげてしまう可能性が高いです。