未経験者向けSES会社の面接内容

Created:
Updated:

未経験者向けの面接内容は、経験者の内容とは異なります。

この記事を読めば内定に近づくことは間違いありません。

未経験者を採用する基準

未経験者を採用する基準

SES会社の面接は、1回で30分〜1時間程度の面接が多いです。

重視するポイントは、技術よりも人間性です。

そのため、人間性の向上を優先し、初対面時の印象アップをすると、内定を獲得しやすいです。

さらに、具体的な面接の内容を説明します。

内容を知ることで、人間性の何を重視すればいいかが分かります。

雑談力・誠実さの向上

雑談力・誠実さの向上

SES会社の未経験者向け面接は、雑談がとても多いです。

ぶっちゃけ、技術の話がほとんどないこともあります。

それは、客先常駐してもクレームにならない人材かどうかを判定しているからです。

雑談で、人間性を判断しています。

たくさんの人間を見てきた面接官なら、1時間話せば、ある程度人間性が分かってしまいます。

実は、現場からクレームが来るのはかなり多いです。

その対応にリソースを使うため、会社は困っています。

クレームの内容

クレームの内容は

  • 遅刻や休みなどの勤怠
  • 勤務態度
  • コミュニケーション
  • トイレ・たばこなどの離席時間・回数の多さ

といった内容です。

未経験者で、技術関連のクレームはあまりありません。

それはOJTでカバーするからです。

SESでうまく働くためには、人間性をアップさせるのが一番の方法になります。

そのため、面接に向けてまずは雑談をできるようになりましょう。

では、口下手な人が雑談力を鍛えるのにはどうすればいいか?

口下手な人

それは、生配信サービスを利用です。

生配信はどんな質問がくるか分からないため、雑談を鍛えるには適しています。

匿名かつ顔も見せなくて会話することができるサービスが多数あるので、ぜひ利用してください。

1:1のサービスでもいいでしょう。

また、雑談以外では「この人は信用できそうだな」と思わせる必要があります。

それは誠実さです。

上記にあげたとおり、クレームが発生するのをさけるため、

  • 技術力よりも、優先的に人間性をみる
  • 現場では、真面目な態度で仕事ができるか
  • チームで連携(ホウレンソウ)をしっかりとできそうか

などのポイントで判定をします。

簡単に見た目で誠実さを出すには、男性は髪の毛をアップすればよいでしょう。

IT業界は理系が多く、比較的、髪の毛をおろしている人が多いです。

同レベルの場合、見た目で清潔感がある人が、優先して採用されています。

ぜひ、面接では髪の毛をあげて挑んでください。

あげることで、自信があるようにも見えます。

その時点で、差別化ができます。

内定後は、好きにしましょう。

茶髪くらいならば比較的OKのところが多いので、髪の毛はある程度自由にできると思います。

最近は私服可な現場も増えてきました。

最後に

できる準備をしっかりと

結論として、面接は

  • 雑談が中心
  • 見た目を整える

ことが重要です。

もちろん、勉強の継続もアピールが必要です。

しかし、SESは客先の技術に依存する部分もあり、そこを深く聞かれることは少ない傾向があります。

「この人は大丈夫そうだな」と判断し、内定を出していることが多かったです。

比較的、学歴や経歴はあまり気にしなくていいでしょう。

中には高卒でも採用している会社もあります。

まずは面接に向けて、人間性を向上させるべきです。

また、受託や自社サービス会社はまた違う傾向があります。

これはまた別の記事にまとめます。

みなさん、いい内定を!

Must Buy

TOP