AppleのiPhone 13の全機種を徹底比較

Created:
Updated:

2021年9月15日(日本時間)にAppleよりiPhone 13シリーズが発表されました。その全シリーズを比較表で徹底に比べます。

iPhone 13の種類

  • iPhone 13 mini
  • iPhone 13
  • iPhone 13 Pro
  • iPhone 13 Pro Max

価格

iPhone 13シリーズは、86,800円〜194,800円の販売価格(税込)となっています。また、過去のシリーズは値下げとなりました。

iPhone 13 mini

容量価格
128GB86,800円
256GB98,800円
512GB122,800円

iPhone 13

容量価格
128GB98,800円
256GB110,800円
512GB134,800円

iPhone 13 Pro

容量価格
128GB122,800円
256GB134,800円
512GB158,800円
1TB182,800円

iPhone 13 Pro Max

容量価格
128GB134,800円
256GB146,800円
512GB170,800円
1TB194,800円

iPhone SE

容量価格
64GB49,800円
128GB55,800円

iPhone 11

容量価格
64GB61,800円
128GB67,800円

iPhone 12 mini

容量価格
64GB69,800円
128GB75,800円
256GB87,800円

iPhone 12

容量価格
64GB86,800円
128GB92,800円
256GB104,800円

仕様

この2つのページの仕様情報をベースに、比較しやすいようにまとめました。

iPhone 13とiPhone 13 mini - 仕様 - Apple(日本)

iPhone 13 ProとiPhone 13 Pro Max - 仕様 - Apple(日本)

カラー

iPhone 13 mini
iPhone 13
iPhone 13 Pro
iPhone 13 Pro Max
(PRODUCT)RED
スターライト
ミッドナイト
ブルー
ピンク
グラファイト
ゴールド
シルバー
シエラブルー

サイズ

iPhone 13 miniiPhone 13iPhone 13 ProiPhone 13 Pro Max
64.2 mm71.5 mm71.5 mm78.1 mm
高さ131.5 mm146.7 mm146.7 mm160.8 mm
厚さ7.65 mm7.65 mm7.65 mm7.65 mm
重量140 g173 g203 g238 g

ディスプレイ

iPhone 13 miniiPhone 13iPhone 13 ProiPhone 13 Pro Max
Super Retina XDRディスプレイ
ProMotion搭載Super Retina XDRディスプレイ
オールスクリーンOLEDディスプレイ
サイズ(対角)5.4インチ6.1インチ6.1インチ6.7インチ
ピクセル2,340 x 1,0802,532 x 1,1702,532 x 1,1702,778 x 1,284
解像度476ppi460ppi460ppi458ppi

チップ

項目iPhone 13 mini
iPhone 13
iPhone 13 Pro
iPhone 13 Pro Max
チップA15 BionicA15 Bionic
CPU2つの高性能コアと4つの高効率コアを搭載した新しい6コア2つの高性能コアと4つの高効率コアを搭載した新しい6コア
GPU新しい4コア新しい5コア
Neural Engine新しい16コア新しい16コア

カメラ

項目iPhone 13 mini
iPhone 13
iPhone 13 Pro
iPhone 13 Pro Max
カメラシステムデュアル12MPカメラシステム:広角、超広角カメラPro 12MPカメラシステム:望遠、広角、超広角カメラ
望遠ƒ/2.8絞り値
広角ƒ/1.6絞り値ƒ/1.5絞り値
超広角ƒ/2.4絞り値と120°視野角ƒ/1.8絞り値と120°視野角
光学ズーム2倍の光学ズームアウト3倍の光学ズームイン
2倍の光学ズームアウト
6倍の光学ズームレンジ
デジタルズーム最大5倍のデジタルズーム最大15倍のデジタルズーム
LiDARスキャナを活用したナイトモードのポートレート
進化したボケ効果と深度コントロールが使えるポートレートモード
6つのエフェクトを備えたポートレートライティング(自然光、スタジオ照明、輪郭強調照明、ステージ照明、ステージ照明(モノ)
ハイキー照明(モノ))
デュアル光学式手ぶれ補正(望遠、広角)
センサーシフト光学式手ぶれ補正(広角)
レンズ構成7枚構成のレンズ(広角)
5枚構成のレンズ(超広角)
6枚構成のレンズ(望遠、超広角)
7枚構成のレンズ(広角)
True Toneフラッシュとスローシンクロ
パノラマ(最大63MP)
サファイアクリスタル製レンズカバー
100% Focus Pixels(広角)
ナイトモード
Deep Fusion
スマートHDR 4
フォトグラフスタイル
マクロ写真撮影
Apple ProRAW
写真とLive Photosの広色域キャプチャ
レンズ補正(超広角)
高度な赤目修正
写真へのジオタグ添付
自動手ぶれ補正
バーストモード
画像撮影フォーマット:HEIF、JPEG

ビデオ撮影

項目iPhone 13 mini
iPhone 13
iPhone 13 Pro
iPhone 13 Pro Max
浅い被写界深度でビデオ撮影(1080p、30fps)ができるシネマティックモード
ドルビービジョン対応HDRビデオ撮影(最大4K、60fps)
4Kビデオ撮影(24fps、25fps、30fpsまたは60fps)
1080p HDビデオ撮影(25fps、30fpsまたは60fps)
720p HDビデオ撮影(30fps)
最大4K、30fpsのProResビデオ撮影(容量128GBのモデルでは1080p、30fps)*
ビデオのデュアル光学式手ぶれ補正(望遠、広角)
ビデオのセンサーシフト光学式手ぶれ補正(広角)
光学ズーム2倍の光学ズームアウト3倍の光学ズームイン
2倍の光学ズームアウト
6倍の光学ズームレンジ
デジタルズーム最大3倍最大9倍
オーディオズーム
True Toneフラッシュ
QuickTakeビデオ
1080pスローモーションビデオ(120fpsまたは240fps)に対応
手ぶれ補正機能を使ったタイムラプスビデオ
ナイトモードのタイムラプス
映画レベルのビデオ手ぶれ補正(4K、1080p、720p)
連続オートフォーカスビデオ
4Kビデオの撮影中に8MPの静止画を撮影
再生ズーム
ビデオ撮影フォーマット:HEVC、H.264
ステレオ録音

TrueDepthカメラ

項目iPhone 13 mini
iPhone 13
iPhone 13 Pro
iPhone 13 Pro Max
12MPカメラ
ƒ/2.2絞り値
進化したボケ効果と深度コントロールが使えるポートレートモード
6つのエフェクトを備えたポートレートライティング(自然光、スタジオ照明、輪郭強調照明、ステージ照明、ステージ照明(モノ)、ハイキー照明(モノ))
アニ文字とミー文字
ナイトモード
Deep Fusion
スマートHDR 4
フォトグラフスタイル
Apple ProRAW
浅い被写界深度でビデオ撮影(1080p、30fps)ができるシネマティックモード
ドルビービジョン対応HDRビデオ撮影(最大4K、60fps)
4Kビデオ撮影(24fps、25fps、30fpsまたは60fps)
1080p HDビデオ撮影(25fps、30fpsまたは60fps)
最大4K、30fpsのProResビデオ撮影(容量128GBのモデルでは1080p、30fps)*
1080pスローモーションビデオ(120fps)に対応
手ぶれ補正機能を使ったタイムラプスビデオ
ナイトモードのタイムラプス
映画レベルのビデオ手ぶれ補正(4K、1080p、720p)
QuickTakeビデオ
写真とLive Photosの広色域キャプチャ
レンズ補正
Retina Flash
自動手ぶれ補正
バーストモード

電源とバッテリー

項目iPhone 13 miniiPhone 13iPhone 13 ProiPhone 13 Pro Max
ビデオ再生最大17時間最大19時間最大22時間最大28時間
ビデオ再生(ストリーミング)最大13時間最大15時間最大20時間最大25時間
オーディオ再生最大55時間最大75時間最大75時間最大95時間

iPhone 13シリーズのオススメはどれか

iPhone 13シリーズのオススメはどれか

iPhone 13シリーズが発売され、過去のモデルは値引きされました。果たして、どれを買うべきなのでしょうか?

iPad miniに搭載されたTouch IDとUSB-Cポート

iPhone 13には、Touch IDUSB-Cポートが搭載されるかどうかが話題になっていました。しかし、iPad miniには搭載されましたが、iPhone 13には残念ながら搭載されませんでした。この機能が本命の方は、今回はスキップでしょう。

カメラがすごい

カメラの機能は今回も向上しているため、YouTubeなどコンテンツ作成にスマホの動画撮影を頻繁にする方は購入すべきでしょう。それほど撮影をしないと言う方は、iPhone 12以下でも十分かもしれません。

容量は256GB以上は欲しい

シリーズによっては、128GBまでしかないのがありますが、256GB以上は欲しいと感じます。最近は様々なコンテンツの容量が増えています。よって、今は大丈夫でも、2年後には不足している可能性があります。よって、256GB以上は必要と考えています。

現状と未来を考えて適切なiPhoneを選ぼう

今の利用状況と今後のことを考えて、iPhoneを購入しましょう。iPhoneのリセールバリューは高いので、1年後の端末に乗り換えてもそれほど値下がりしないです。iPhoneは毎年買い換えるというプランも1つの選択になります。

Must Buy

TOP